TOP システムの特長 コストメリット 導入までの流れ 導入事例 お問い合わせ Q&A 会社概要

コストメリット 「地下水膜ろ過システム」導入後の年間コストメリット(例) コストメリット 例えば、水道使用料金単価を 400円/㎥とし、現在の水道使用量を1日当たり100㎥とした場合、システム導入前水道料金と、導入後コスト及び経費削減額は、以下の通りです。
(水道料金単価例 : 東京都・420円/㎥、神奈川県・385円/㎥)

導入前
  • 1日当たり 100㎥×400円/㎥=40,000円
  • 1ヶ月当たり 3,000㎥×400円/㎥=1,200,000円
  • 1年間当たり 36,500㎥×400円/㎥=14,600,000円
導入後
  • 1日当たり 100㎥×400円/㎥×62 %≒25,000円(-15,000円の削減)
  • 1ヶ月当たり 3,000㎥×400円/㎥×62 %≒745,000円(-455,000円の削減)
  • 1年間当たり 36,500㎥×400円/㎥×62 %≒9,100,000円(-5,500,000円の削減)
「地下水膜ろ過システム」を導入し、地下水90㎥/日・水道水10㎥/日の給水内訳とした場合、水道料金を90%削減し、システム・リース費と維持管理費を加算しても、先行投資なしで、大幅なコスト削減(コストメリット)が可能です。 ※水道使用量が多い程、コストメリットは更に増えます。 初期投資ゼロ リース契約でシステムを導入すれば、先行投資なしで経費削減!
blog
linksお問い合わせはこちら メールフォーム